サボテンの花・青春の影

2017年12月16日に行われたAizawaNote Vol.2 〜相澤直人 指揮者の軌跡〜のアンコールとして、友人の作曲家である田中達也さんに「サボテンの花・青春の影」(TULIP)を編曲していただきました。実は、この2曲は世代がドンピシャというわけでもないのですが、中学時代の思い出の曲です。初演の動画は以下のものです。ステキ編曲をステキ編集でお楽しみください。

そしてこの度、カワイ出版から発売となりました。(カワイ出版・販売ページ)多くの方にお手にとっていただければ幸いです。

<まえがき>

指揮者・作曲家の相澤直人さんが、指揮活動10周年を迎えられたのを祝って開催された「AizawaNote vol.2」のアンコールピースとして、2曲をメドレーに編曲したものです。初演は相澤さんの指揮と名田綾子さんのピアノにより、当日演奏した3団体のほか、演奏された全ステージの作曲家・ピアニストも舞台で歌うという、賑やかながらも暖かいものとなりました(私も歌っています)。

相澤さんの青春の思い出を彩ったというこの2曲、「サボテンの花」は原曲よりテンポをぐっと落としてしっとりとした味付けに、「青春の影」は後半で転調してから劇的な盛り上がりをみせる対照的なアレンジとなっています。アンコールのみならず、さまざまな機会で歌っていただければ幸いです。(田中達也)