糖質こわい / パーソナルトレーナーへの信頼

昨日のワークアウトで、そろそろ扱う重量を増やしていきたいから糖質を入れましょうか、と。自分の生活環境などを改めて話し、よく相談した結果「間も無く体重が70キロを切るので、70キロを切っている場合はワークアウトの日だけ糖質を摂取する」ことに。摂取すると言っても、糖質は30-40グラム程度(コンビニのオニギリ1個分程度)だが。

糖質こわい。いま、体が全然糖質を欲していないし、逆に糖質を摂ることによるリバウンド恐怖症、である。筋トレしてるし、これまでの減量とは違う!とも理解はしているが、やっぱり3ヶ月続けた糖質オフをオンにしていくのは勇気が要る。

ただ、トレーナーさん曰く「何事もやりすぎや極端は良くないです」。これを聞いた時、良いトレーナーさんだなぁ、と思ったし、今まで通りこのトレーナーの言った通りにしよう、と改めて決意。

よく考えてみれば、トレーニングや食事指導はもちろんだけど、ウエイトベルト購入、サプリメント摂取、バランスボールや自転車の購入、今後本拠地とするジムなど、全てこのトレーナーさんの意見を聞いて、のことである。

とりあえず、本番前のエネルギーは「素焼きくるみ」。アーモンドと悩んだ!