toggle

ホーム合唱団について

 常任、客演など多くの団体で指揮者を務めさせていただいておりますが、以下に紹介する「あい混声合唱団」「女声合唱団 ゆめの缶詰」「AZsingers」「Ensemble Flow」の4団は、ホーム合唱団として監督・主宰的な役割までをしております。入団や見学のご希望は各合唱団にお問い合わせください。

あい混声合唱団(公式ホームページ

 2007年に創立した混声合唱団。相澤直人のもとに集い、音楽的方向性や目標を共にしつつ、その中でそれぞれの団員が自主性を持って活発に取り組んでいるのが特徴。私達と共に時代を生きる作曲家との連携を強め「作品の本質を捉え、曲が喜ぶ演奏をする」こと、並びに「国内古今の合唱作品を魅力的に紹介する」ことを目標とし、大家族のような和気藹々とした雰囲気の下、日々充実した合唱活動を送っている。また、東京都合唱連盟理事団体として「東京都の合唱を活性化し、内外へ力強く発信する」といった、外向きの視野を持ち社会へ貢献しく活動にも力を入れている。練習は週に1〜2回、入団試験(録音提出など)あり。

女声合唱団 ゆめの缶詰(公式ホームページ

 2015年「相澤先生のもとで定期的に、上質な女声合唱をしよう」という呼び掛けで結成された合唱団。あい混声合唱団のコンセプトをそのまま女声合唱でも実現するために存在しており、特に邦人作品、美しい日本語にこだわりを持って活動している。練習は月3回程度で、基本的に練習時には譜読みは行わず各自での準備が求められている。

AZsingers(公式ホームページ

 AZsingers(エーズィーシンガーズ)は、相澤直人の呼びかけに応じ全国より参集する、合唱音楽を取り巻く様々な音楽家で構成された男声合唱団である。曲がどう見えるか、曲がどう映えるかを最優先に考え、日本の合唱作品や合唱文化、アイデンティティーを国内外に発信することを常に模索し考えている。作曲家、作詩家、指揮者、声楽家、ピアニストなどの合唱に関わるあらゆる音楽家をメンバーとし、各々が最大限の技術、知識、センスを発揮し合い音楽的高みを目指す、全員主役型合唱団である。団体名は相澤(AiZawa)と様々な合唱作品(AtoZ)に取り組むという姿勢から。

Ensemble Flow(公式ページ

 「お母さん世代でも、相澤直人先生のもとで音楽を合唱を!」と集まった、40代50代を中心とした女声合唱団。2017年創団。若い頃から様々なところで音楽や合唱経験を重ねたメンバーが、流れる音楽を追求している。相澤のもとで研鑽を積み、普段のソロ活動、教員としての指導に活かしている団員が多いのが特徴。団名の「Flow」は、音楽の流れ、息の流れ、時代の流れ、との意味合いを含めて命名。